第1回ジャカペラワークショップ

レポート5
日米大学生交流アカペラワークショップ

AUGUST 12, 2015

一般社団法人日本アカペラ協会(ジャカペラ)が主催のアカペラワークショップ「第1回ジャカペラワークショップ」が、2015年8月12日に東京都目黒区にあるノアスタジオ学芸大で行われました。

アカペラが大好きな日本の大学生を対象にしたこのワークショップ。

記念すべき第一回目は、アメリカで開催されるICCA(国際大学アカペラチャンピオンシップ)で受賞経験のある大学生グループ「Grains of Time(以下Grains)」16名をゲストに招き、日米の大学生がパフォーマンスとトークでお互いのアカペラの魅力を発見していきます!

 

>>「第1回ジャカペラワークショップ レポート1」はこちら
>>「第1回ジャカペラワークショップ レポート2」はこちら
>>「第1回ジャカペラワークショップ レポート3」はこちら
>>「第1回ジャカペラワークショップ レポート4」はこちら

制限時間は15分
振付けと歌を合わせてみよう!

日本アカペラ協会 ワークショップ 振付け 会員

1時間のボーカルレッスンと1時間のビジュアルレッスンが終わり、次は15分間でこの二つを同時にできるよう合わせ練習をしていきます。

 

「まだ歌も完璧じゃない、踊りも完璧じゃないのに、いきなり合わせるの・・・?!」

 

と不安になるかもしれませんが、実はこの「完璧じゃない状態」が最適なんだとか!

 

その理由をGrains of Time(ゲストパフォーマー)の皆さんが教えてくれました。

 

「僕たちも最初は歌を完璧に覚えてから振付けを合わせて行ったんだけど、そのとき色々と問題が出てきたんだ」

 

「ステージの上でハーモニーがめちゃくちゃになったり、振付けが飛んだり」

 

 

それはまさに、カオスのような状態だったそうです。

 

そのとき演出ディレクターのルークさんがこんな提案をしたそうです。

「歌と振付けを同時進行で覚えてみよう!」

日本アカペラ協会 ワークショップ 振付け 会員

1曲の音取りが終わった直後に、すぐに振付けの練習に入る。

 

もちろん振付けも歌も最初はぎこちないけれど、セクションごとに何度も繰り返し練習するうちに「スッと」両方が自然に覚えられるようになったそうです。

 

動きに合わせて歌を、歌に合わせて動きを覚えることができるので、練習の効率もグンと上がったとか。

いよいよ発表!
そのとき空気がガラッと変わる

日本アカペラ協会 ワークショップ 振付け 会員

あっという間の15分間でした!
参加したみなさんの集中力と音楽と振付けの相乗効果で、1曲がついに完成です!

 

そしていよいよ2つのグループが練習の成果を発表するときがやってきました。

 

今までは鏡に向かって、自分の動きや表情を確認できましたが、今目の前にいるのはたくさんのお客さんです。

 

始めは少し緊張しますが、歌が始まるとガラッと空気が変わりました。

曲の盛り上がりと共に動きが次第と激しくなり、曲に自分の思いを乗せていきます。

日本アカペラ協会 ワークショップ 振付け 会員

アカペラに振付けやフォーメーションをつけるのは、初めはちょっと恥ずかしいと思うかもしれません。

 

「変な風に思われてるかな・・・?おかしくないかな・・・?」と、心配になりますよね。

 

でも、その不安を乗り越えて「パフォーマー」としてステージに立ったとき、不思議とあなたの想いや楽しさが見ている人に伝わります。

 

すると、今度は見ている人からパフォーマーにエネルギーが跳ね返ってきて・・・・本当に素敵な空間が出来上がりますよね!

 

なにより、グループの想いや曲に込めたあふれんばかりの感情を、まさに役者になりきったようにさらけ出すのはすごく気持ち良い。それが仲間と一緒に立つアカペラのステージならなおさらですよね。

日本アカペラ協会 ワークショップ 振付け 会員

曲の最後は「自分の個性を表す決めポーズ」をビシッと決めて。

 

最高のパフォーマンスを披露してくれた両グループへの拍手喝采の中、第1回ジャカペラワークショップが終了しました。

 

全員のキラキラした顔と個性あふれるアカペラパフォーマンスに、ジャカペラスタッフを始めGrainsのメンバーも心から感動でした。

 

言葉や文化の壁を文字通り超えたアカペラの国際交流。本当に素敵な時間を一緒に作っていただきありがとうございました!

一般社団法人日本アカペラ協会 集合写真
ジャカペラとは 日本アカペラ協会について
ジャカペラ会員になる 日本アカペラ協会 会員