第1回ジャカペラワークショップ

レポート3
日米大学生交流アカペラワークショップ

AUGUST 12, 2015

一般社団法人日本アカペラ協会(ジャカペラ)が主催のアカペラワークショップ「第1回ジャカペラワークショップ」が、2015年8月12日に東京都目黒区にあるノアスタジオ学芸大で行われました。

アカペラが大好きな日本の大学生を対象にしたこのワークショップ。

記念すべき第一回目は、アメリカで開催されるICCA(国際大学アカペラチャンピオンシップ)で受賞経験のある大学生グループ「Grains of Time(以下Grains)」16名をゲストに招き、日米の大学生がパフォーマンスとトークでお互いのアカペラの魅力を発見していきます!

 

>>「第1回ジャカペラワークショップ レポート1」はこちら
>>「第1回ジャカペラワークショップ レポート2」はこちら

学び合うワークショップ
アカペラだからもっと楽しい

日本アカペラ協会 ワークショップ ボーカル

アメリカの大学アカペラを体験しながら、日米の大学生がアカペラの新しい魅力を発見していく第1回目のジャカペラワークショップ。

ワークショップが終わるころには、歌うだけではなく、振付けや表情など感情表現にもこだわった、ちょっと新しいアカペラパフォーマンスができるようになる・・・とのことですが、

 

一体どんなレッスンをしていくのでしょうか?

 

まず、参加者のみなさんが2つのグループに分かれました。

 

分かれたグループはそれぞれ、「ボーカルパフォーマンスを磨こう」のレッスンスタジオ、そして「ビジュアルパフォーマンスを体験しよう」のレッスンスタジオへと向かいます。

 

なにやら歌を覚えるグループ(ボーカルパフォーマンス)と、ダンスを覚えるグループ(ビジュアルパフォーマンス)に分かれ、1時間レッスンしたあとでお部屋を交換してレッスンを受けるようです。

 

早速「ボーカルパフォーマンス」のレッスンのお部屋を覗いてみましょう!

ウォーミングアップも日米で違う?

日本アカペラ協会 ワークショップ ボーカル

さっそく綺麗なハーモニーが聞こえてきました!

 

もうレッスンが始まったのかな?と思ったら、みんなで大きな円を描いてウォーミングアップをしていました。

 

普段の練習でも最初の15分は必ずウォーミングアップにあてるというGrainsのみなさん。喉や身体のコンディションを整えるだけではなく、円を描いてみんなの顔を見ながら行うことで、グループとしてのブレンドやお互いのその日の様子なども確認できるといいます。

 

そしてワークショップでは、初対面でも一緒に声を出すことでまるで「親友」のように距離がグッと近づくのが素敵でした♪

 

アメリカ式のウォーミングアップを実践しながら、「日本ではどんなウォーミングアップを行ってるの?」と、とにかく興味津々なGrains。

 

参加者のみなさんからも紹介してもらったりと、日米の大学生グループが一緒になって和気あいあいとボーカルパフォーマンスを磨いていきます。

楽譜を使わない練習で
アカペラの可能性を発見!

日本アカペラ協会 ワークショップ ボーカル

ウォーミングアップのあとはいよいよ曲の練習です。

 

今回、参加したみなさんに覚えていただくのは、ジャスティン・ビーバーさんの「As Long As You Love Me」という曲。

 

男性はベース、バリトン、テノール、女性はアルト、ソプラノに分かれ、音楽担当のブレナンさんとGrainsのみなさんが一緒になってパート練習がスタート!

 

楽譜を使わずに、耳を使って各パートの音を覚えていきます。

日本アカペラ協会 ワークショップ ボーカル

すると20分もしないうちに、あっという間に1曲をマスターしてしまった参加者のみなさん。これにはGrainsのみなさんもさすがに驚き!

 

そのあとはセクションの強弱やアクセント、独特な発音方法など身振り手振り使いながら曲に表情をつけていきます!

 

人数が多い分、音に厚みや迫力が生まれるアメリカ式のアカペラ。その一方で、意識をしないと曲全体の印象がフラットになってしまう難しさもあります。

 

そこで、グループとして「ここはスタッカート気味に!」「ここはクレッシェンドで〜〜はい、パッと力を抜く!」といったアーティキュレーションを確認していきました。

 

また、同じパート(音程)を歌っていても

 

「私は『ワァー』と伸ばしてるから、あなたは『トゥトゥトゥトゥ』って刻んでみて」

 

といった具合に、エフェクトを必要に応じて付け加えることもできます。

 

音で自由に遊びながら、曲の雰囲気にあったアレンジメントをその場で作っていくような感覚でした。

日本アカペラ協会 ワークショップ ボーカル

あっという間に1曲が完成し、みんなでハイファイブ! 覚えたばかりの曲を、今度はGrainsが前で見守る中歌っていただきました!

 

「音程やリズムも大事だけど、まず周りの音をしっかり聞いて楽しい雰囲気を作ることももっと大事!」

 

アカペラは楽しくなくちゃ!というブレナンさんの言葉通り、参加者のみなさんのはじけてとびきり楽しい「As Long As You Love Me」が会場に響き渡ります。

 

聴いていたGrainsのみなさんも興奮気味!1曲が終わる頃には「ハーモニーも綺麗で、なにより楽しくてしょうがないのが伝わって来る!」と拍手喝采でした。

日本アカペラ協会 ワークショップ ボーカル

Grainsのメンバーは、本当に楽しくてしょうがなかったようで、最後にもう一度Grainsのメンバーと今回の参加者のみなさんと一緒に歌い、1曲を完成させて笑顔でボーカルの練習を終えました。

 

それにしてもGrainsのメンバーも日本の大学生の参加者のみなさんも、アカペラが本当に好きなのが伝わってきて、心地よい空間の中、あっという間のボーカルレッスンの時間でした。

ジャカペラとは 日本アカペラ協会について
ジャカペラ会員になる 日本アカペラ協会 会員