第1回ジャカペラワークショップ

レポート2
日米大学生交流アカペラワークショップ

AUGUST 12, 2015

一般社団法人日本アカペラ協会(ジャカペラ)が主催のアカペラワークショップ「第1回ジャカペラワークショップ」が、2015年8月12日に東京都目黒区にあるノアスタジオ学芸大で行われました。

アカペラが大好きな日本の大学生を対象にしたこのワークショップ。

記念すべき第一回目は、アメリカで開催されるICCA(国際大学アカペラチャンピオンシップ)で受賞経験のある大学生グループ「Grains of Time(以下Grains)」16名をゲストに招き、日米の大学生がパフォーマンスとトークでお互いのアカペラの魅力を発見していきます!

 

>>前回「第1回ジャカペラワークショップ レポート1」はこちら

12分間にこめる想い
アカペラが大好きな理由

日本アカペラ協会 ワークショップ アメリカ

日本とアメリカのアカペラ大好き大学生の距離がどんどん近くなり、ここでいよいよアメリカの大学生によるアカペラパフォーマンスが始まりました!

Grains(アメリカ大学生グループ)の皆さんに披露してもらうのは、2015年度のICCA「国際大学生アカペラ大会」で実際に彼らが使用したもの。

日本アカペラ協会 ICCA アメリカ

ICCAと言えば、映画「Pitch Perfect」の舞台にもなっている大会で、アメリカの大学生アカペラの頂点を決める熱いアカペラ交流の場でもあります。

ビデオ審査から始まり、州ごとの地区大会、全米をいくつかの地区に分けた全米準決勝、そして準決勝でトップの1グループのみが進むことができるニューヨークでの決勝戦。

全米から300を超える大学生アカペラグループが出場し、頂点を目指し切磋琢磨しています。優勝したグループはホワイトハウスに招かれ、大統領御夫妻にお目にかかれる機会を与えられるなど、栄誉ある大会に成長しています。

そんなICCAでは、グループの編成規模が10〜20人と比較的大きなグルーによるパフォーマンスが一般的で、歌はもちろん観客が目でも楽しめるようキレのあるダンスパフォーマンスや体を使った表現も審査の対象になります。

ワークショップ前日

日本アカペラ協会 ワークショップ アメリカ

ワークショップ前日、Grainsを訪れるとワークショップに向けた最終リハーサルが行われていました。

アメリカの大学は5月から夏休みが始まっていたため、久しぶりに音を合わせる16人。

しかし、そこで話し合われていたのは意外にも「音以外のこと」でした。

「何を伝えたいの?」

ICCAで1グループに与えられる時間は12分。

その12分の中でGrainsは3曲を準備しました。そして、1曲1曲に違うメッセージを込めたそうです。

 

「1曲目は『アカペラ音楽が大好きで楽しくて仕方がない!』っていう、僕たち自身を」

 

「2曲目は『脆さ。辛い事だってたくさんあった、泣いてもいいんだよ、頼っていいんだよ、仲間だから』そんな自分たちを」

 

「そして3曲目は、、、」

ws_14

「よくわからないんです!(笑)」と教えてくれたのは、振付けを担当しているルークさん。

 

「2年前までは7人のグループだったし、振付けや顔の表現なんて考えたこともなかった。それが今ではステージで跳ねたり、でんぐり返ししたり、、、とにかく型破り。」
と、1曲目「Problem(Ariana Grande)」、2曲目「And So It Goes (Billy Joel)」を振り返ってくれました。

 

「見てくれる人に『Wow! Amazing!』って楽しんでもらえるのが嬉しいし、これからどんなグループに進化していくのか、やっている自分自身わからないのが楽しみ。」

ws_16

そんな3曲目は「Animals(Maroon5)」と「Centuries(Fall Out Boy)」のマッシュアップ。いかに「獣みたいにクレイジー」に化けることができるか、挑戦しています。

 

何を伝えたいのか、そしてどうやったらその想いを伝えることができるのか。意見を出し合い、再度確認することができたようです。

日本アカペラ協会 ワークショップ アメリカ

そして、日本の大学生アカペラパフォーマーのみなさんが見守る中、12分のパフォーマンスがスタート。

 

「日本人の大学生を前にすごく緊張したけど、感情をさらけ出したときに、みんなが同じような表情を向けてくれて、とにかく嬉しかった」

 

と振り返るのは、Grains最年少、大学2年生になるジョーダンさん。

日本アカペラ協会 ワークショップ アメリカ

パフォーマンスを見た日本の大学生参加者の皆さんからは

 

「フォーメーションの組み方にどんな工夫があるの?」

「1曲仕上がるのにかかる練習時間はどのくらい?」

「練習以外でもメンバーと顔を合わせたりするの?」

など、たくさんのご質問をいただきました!

 

 

しばらくQ&Aが続いた後、代表理事の秋山から突然の発表が・・・。

 

「今日のワークショップが終わるころには、みなさんも歌って踊れるようになります!!」

 

「想いを伝えるアカペラ」いよいよ体験型のワークショップが始まります!

ジャカペラとは 日本アカペラ協会について
ジャカペラ会員になる 日本アカペラ協会 会員